プロフィール

スタッフ

広島の流川界隈で魚料理・炭火焼をやらせていただいています!
男性が喜ぶボリューム料理から女性が愉しめるドリンクまで日々研究中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

レシピ Feed

2011年11月 5日 (土)

果実酒

果実酒を仕込みました。

今回は魚樽特製「裏」ドリンクを公開です。

果実酒と言っておいていきなり「コーヒー酒」です

コーヒー酒は漬け置き期間が3週間と通常の果実酒に比べて桁違いに早い、という理由のみで好きです。
これを温めて、ミルクで割って飲むと。。。ポワ~となります。
コーヒーの香りも非常に良いです。
熱湯で強制的に味を出してないですからね。
アルコールと甘い汁(氷砂糖)でスルスル引き出した味ですからね。
大人の味です。
当店販売のバニラアイスにトロリとかけても旨い!

 裏メニューですので是非こっそりと「ブログ見たよ。。。例のもの、あるかい?」とお尋ねください。


 続いてこれは本当に果実「パイナップル酒」です。

 まさかのアルコールIN画像撮り忘れです。
 これじゃパイナップルの瓶詰めを激写しただけ…↓
 パイナップル酒は酸味と甘みが相まって非常に美味な酒になります。ワクワク
 漬けて3か月ワクワクし続けないと飲めません。


 続いての彼女は「リンゴ酒」です。

ホワイトリカーではなく、ブランデー漬けのリンゴ酒です。ちとクセが出るかな?

リンゴ酒は旨く飲めるようなホドヨイ状態になるまで6か月は要します。
う~ん。。。焦らされますね。
これで失敗した日にゃ、何を半年間もじとーっとビンを眺めちゃってたんじゃオリャとなりますね。

 今度はちょっと甘を控えようとか今度は皮を入れてみようのぞいてみようと探究心はメキメキわきますが、試しても答えが出るのは3か月以上それ以上。
 モチロン忘れてます。

 忍耐!

 ですがやはり、市販のシロップ風味のクサレ果実酒(汚い言葉ですいません)とは比較対象にならず、実際、桁外れに旨いです。
 やはりこれぞ自家製の味!比べな!って感じなのです。

 このほか、バナナ酒、ミックスフルーツ酒、オレンジの角ウイスキー漬けや紅茶漬けなど、来月あたりからゾクゾクラインアップしてゆきますので、近くにお立ち寄りの際はぜひ「ブログ見たよ。裏メニュー…知ってるぜ!」と耳打ち願います。

 地方の方も大丈夫!果実酒は熟成させるため、寝かせれば寝かせるだけぐんぐん味がよくなるシロモノが多数存在します!
 多分そんなに注文されないので(涙)品切れしてません!イバる。
 是非広島にお越しの際はヒソっとご注文くださいね。

 今回のご紹介差し上げたものは1月上旬にお披露目予定ですー!


大漁酒場 魚樽本店 のサービス一覧

大漁酒場 魚樽本店