プロフィール

スタッフ

広島の流川界隈で魚料理・炭火焼をやらせていただいています!
男性が喜ぶボリューム料理から女性が愉しめるドリンクまで日々研究中です。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メニュー Feed

2011年12月15日 (木)

すだち!

本日徳島県のお客様より徳島産のすだちをいただきました。
びっしりならぶすだち・・・美味しそうです。

このかぐわしいすだち粒達が…

こうして

こうなります。


生絞り徳島産青光りすだち酎ハイ
売り切れ御免で本日より解禁です。

疲労回復効果がバツグンのすだちで忘年会もばっちり!(?)

心こもった贈り物、有難うございました。
魚樽本店従業員一同、この場を借りまして御礼申し上げます。
すっぱくてよい香りで、徳島のすだちは最高ですね!


2011年11月 8日 (火)

牡蠣のこと


9月の頃だと思いますが、一人のお客様が会計後に言われました。
「広島は牡蠣が有名なのに生ガキが食べられるところが全然ないね」

私が「そうですね、もう少し寒くならないと出てないかもしれないですね」とお返事したところ、
「僕は東京から来たんだけど、東京は年中生ガキが食べられるところがたくさんあるよ」
と聞かせてくださいました。

その後、なぜ生牡蠣が出回っていないのか不審に思った私が店長に尋ねると、「生牡蠣は10月下旬にならんと出荷できん決まりがある。」と寝耳に水のことを聞かされました。

勉強不足ですー!
恥ずかしい限りです。。。
知らんかった。。。
長い間飲食業に関わっておきながらなんたる失態!

私にお教えくださったお客様は東京に住んでいらっしゃるので、外国の牡蠣や夏牡蠣(夏牡蠣は夏専用の牡蠣なので、決まりには当てはまらない)を使用しているお店がたくさんあるのでしょうね。

広島でも西洋料理のお店では出しているのかも。
でも広島県人たるもの、そのほとんどは広島牡蠣を使っているはずですから、解禁までじっと待っているのではないでしょうか?

魚樽本店は江田島市能美町の内藤水産という牡蠣のプロフェッショナルから牡蠣を入荷しています。
味も濃厚で潮の香りをたっぷり含んだ最高の粒だと思います。

売り切れ御免で販売中しておりますので、どうぞ時間がおありの際は、早い時間にお越しくださいね。

いやー呑まずに勉強しなきゃいけません。

あの日のお客様、ひとつ利口になりました。
お話しくださってありがとうございました。

ばばちゃん

ばばちゃんです。

これはもう、なんと言ってもばばちゃんです。

ホレボレです。

ばばちゃんはそのネーミング通り、熟女のような触り心地と顔つきから、まんまそう呼ばれているようです。

もちろんばばちゃんは愛称で、正式(?)にはタナカゲンゲと呼びます。

そして深海魚です。
私はそれを知って「ギョ」っとしました。
深海魚って食べれるんですかー?と新米の頃に職人さんに疑いの眼差しを向けてしまったものです。

深海魚のばばちゃん、その身は淡白でクセがなく、皮付近にあるゼラチン質がたまらなくぶるぶるしてなんとも官能的な食感を醸し出しています。
あんこうのような味ですね。
顔も似てる気がしなくもないです。

お勧めはなんといってもから揚げで。
しかもアツアツのうちが良いでしょう。
冷めると私は正直「…」です。不味くはないけど、熱いうちに食べれば良かったな…と思ってしまいます。
ゼラチンのぶるぶる感が命なのかもしれません。

冬と春近くに数回入荷しますが、案外(?)人気が継続して、忘れた頃に「ばばちゃんある?」とお客様がふいにお尋ねしてこられます。

恐るべし、熟女の魅力!

ただし、ちょっと骨が多いです。
鶏のから揚げと同じ具合に一口でお食べになるのは避けてください。

今年は2回入荷して、twitterに告知させていただきました。
年内にまた入るかな?
入荷次第、またぐるなびもしくはtwitterにてお知らせします。

2010年7月25日 (日)

【 当日限りの限定特価 】

暑いです!

魚樽本店のお得情報のみだけを厳選したページを組みました。
普段、のどぐろや本メバルや穴子やアイナメや、アワビやコチや天然タイや、時価の商品って美味しそうだけどね~値段がね~とお悩みの方!

ぐるなびだけの限定で(裏事情は、ぐるなび以外では更新が難しいのでしません)日頃魚樽本店をクリックしてくださる御客様へ向けて、続々情報を更新してゆくつもりです!

でも人気が無かったらやめてしまうので、是非、ホームページ見とるよ!と教えてくださいね^^。

お得情報ページへ!

2010年7月 6日 (火)

広島産 焼き牡蠣 《 夏 》

 今日から江田島産の焼き牡蠣を始めました。

 夏の牡蠣と言えば通常岩カキになりますが、岩カキは大振りで瑞々しさが味の決め手で、磯の味もあるコタありますが、やはり個人的には少々水っぽいというか、大味の感があります。
(あくまで私見です。岩牡蠣が好きな方も沢山いらっしゃいますよ)

 それに引き換え、ヨ!広島産!そして広島の中でもピカイチの生産量を誇る江田島産の牡蠣!
 丁度ひと口で食べられるソノ身、口に入れるとかぐわしい磯の風味!濃厚でダイナミックで、後味は舌の上で尾を引かず消えてゆく、だけれど決して忘れさせない強烈なインパクト!
 仕入れ取引をさせていただく内藤水産さん。
 実際に牡蠣の養殖場を訪問させていただきました。

瀬戸の海ですくすく育つ、その名も「ひとつぶくん」
「牡蠣は冬」の常識を覆すソノ身!!
ぷるぷるです。

生産者の内藤水産の方。(上の写真で牡蠣を引き上げているのが代表の内藤さんです)
牡蠣のことを心底知り尽くしておられます。
丁寧なご説明、ありがとうございました。

広島で夏に山陰から取り寄せる岩カキでなく、本家本元の広島産牡蠣!
数に限りがあります!売切御免です!
どうぞ、お立ち寄り下さい。

2010年7月 5日 (月)

7/5

 魚樽本店です。
 7月のコースメニューが決定しました。
 今回のおすすめはなんといっても6,000円コースの土鍋の炊き込みご飯です。
 この商品はメニュー決めの時に賄いで試食試食させてもらって「旨い!」と太鼓判の商品。貝や魚や野菜のエキスがたっぷりしみたご飯は日本人ならヘロヘロになる味、確定。しかも直火で炊いているので失敗は許されません。途中で火が消えたら鍋一つ分丸ごとオジャン!渾身の逸品です。
 もちろん今回のコースにも魚樽本店では最早お馴染みの七厘メニューも充実して取り揃えております。
 これから夏本番!
 アツアツの季節に熱々の七厘焼きで発汗・デトックス!
 もちろん左手はキンキンの生ビールをわしづかみです!!

 魚樽本店7月のコース

大漁酒場 魚樽本店 のサービス一覧

大漁酒場 魚樽本店